にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびどあ*~ 旅とグルメの情報 ~*

旅とグルメの情報、ことにヨーロッパの小さな町や絶景、日光・那須・東京を中心に旅情報お得情報をお届けします。

スイス・マッターホルンを眺めるならこのホテル!

スイスのオススメ宿

guide.travel.co.jp

そろそろ夏の旅程を考えている方も多いのでは。
旅は、旅程をあれこれと考える時間も、また楽しいものですよね。
そして宿は、旅行の感動を大きく左右するポイントの一つ。
スイスは、何といってもお天気に大きく左右されてしまうわけですが、マッターホルンに泊まるならお勧めしたいのが山岳ホテル。

 

マッターホルンは午後になると雲がかかってしまうことが多く、朝は絶景を見るチャンスタイムです。私が泊まった日も前日は午後から曇りでまったくマッターホルンは見えず・・・。見えないまま帰るのかなあと思っていました。しかし夜中に雲がどんどん動いて暗闇に浮かび上がった神々しいマッターホルン、そして満天の星空は言葉を失う美しさでした。朝の日の出は特に素晴らしく、麓のツェルマットから見るのとは迫力が全く違います。また標高が高いのでツェルマットでは山が雲に覆われていても、山岳ホテルでは、雲の上でマッターホルンが見えることもあります。私が泊まった朝も、眼下のツェルマットは雲の下でしたので、麓に泊まっていたらモルゲンロートを見ることはできなかったでしょう。

山岳ホテルは、ホテルゴルナーグラート、リッフェルハウス1853、リッフェルアルプ、シュヴァルツゼーなど。本格的に登山ができる方ならあの有名なヘルンリ小屋という選択もあります。ホテル・ゴルナーグラートは氷河やモンテローザをはじめ、4000メートル級の山々、ゴルナー氷河の大パノラマが広がります。マッターホルンだけを堪能したいなら「リッフェルハウス」、氷河や他の山々も含めたパノラマなら「ゴルナーグラート」をお勧めします。ただ、ゴルナーグラートは標高が3000mを越えているので、高度障害が心配な方は避けたほうがいいかもしれません。リッフェルハウス、リッフェルアルプあたりでしたら高度障害は大丈夫でしょう。リッフェルハウスはマッターホルンを見ながらのクア施設も充実しています。